ココ・シャネルの名言・格言集 Ⅱ

ココ・シャネル(1883年~1971年)
フランスの女性ファッションデザイナー。
1883年、フランス南西部のソミュールに生まれる。11歳のときに母が病死、行商人の父にも捨てられ、孤児院、修道院で育つ。18歳で孤児院を出た後、お針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで歌うようになる。「ココ」は愛称で、当時歌っていた曲名に因んでつけられたもの。
その後、歌手の道はあきらめ、当時交際していた将校の牧場へ移る。そこで退屈しのぎで制作した帽子のデザインが認められ、帽子のアトリエを開業。1910年には「シャネル・モード」という帽子専門店を開店。1915年には「メゾン・ド・クチュール」をオープンし、コレクションでも大成功を収め、シャネルは成長を続ける。

しかし、第二次世界大戦中、ココ・シャネルはドイツの親衛隊少将と愛人関係にあったため、フランス解放後に非難を浴びて、スイスへ亡命。

1954年、スイスからパリに戻り、ファッション界へのカムバックを果たす。ヨーロッパではバッシングを受けたが、女性の社会進出がめざましかった米国では熱狂的に受け入れられ、翌年シャネル・スーツを発表、モード・オスカー賞を受賞する。
引用:癒しツアー
http://iyashitour.com/archives/19198/2

関連記事




ページ上部へ戻る