三船美佳、カザフスタン語であいさつ 石原良純と日本館サポーターに就任 「2017年アスタナ万博 日本館開幕100日前記者発表会」1

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 タレントの石原良純さん、三船美佳さんが3月1日、東京都内で開催された「2017年アスタナ万博 日本館開幕100日前記者発表会」に登場。発表会では、石原さんと三船さんが日本館サポーターに就任することも明かされ、任命式も行われた。

 同博覧会は、カザフスタン共和国の首都アスタナで、6月10日から9月10日の93日間にわたって開催。「未来のエネルギー」をテーマに、112カ国・18国際機関が参加し、パビリオンを展開する。この日は、同博覧会開催の約100日前を記念したイベントで、日本館の、さまざまなエネルギーを組み合わせて活用する「Smart Mix with Technology」をテーマとした日本独自の取り組みや、展示内容などが紹介された。

 石原さんは「カザフスタンは、天気予報は楽なのかな」と気象予報士としてコメントし「有数の産油国なので、未来エネルギーに興味があるのかもしれない。日本が持っている技術を知ってもらうのは有意義なこと」と万博をアピールした。三船さんはカザフスタン語であいさつし、「精いっぱい頑張りますのでよろしくお願いします」と笑顔だった。イベント後の会見で、芸能界引退を発表した女優の堀北真希さんについて、三船さんは同じ子供を持つ母として「今までお仕事してすごく忙しい生活を送っていたと思うから、お子さんが大きくなったら一緒に旅してほしい。今はお子さんと大事な時間を過ごしてほしい」とコメントした。

関連記事




ページ上部へ戻る