実録・暴走族 ブラックエンペラー(プレビュー)

1972年、舞台は下北沢。「強くなりたい」という願望を持った武道家少年、蛯澤賢治(岡崎 礼)は、徒党を組んで物事をする、「暴走族」が、どうしても理解することが出来なかったが、ある事件が引き金となり、賢治は「暴走族」へと変貌を遂げるのであった。喧嘩も強く、その上、任侠的な生き方をしている賢治は、人望も厚く、気付いてみると、周りには大勢の仲間が集まるようになっていた。同時に対立する暴走族との抗争を繰り返すたびに、その名は全国に広まり、やがては「六代目総長」になっていくのであった。

関連記事




ページ上部へ戻る