有村架純&伊藤英明、禁断“不倫”ショット 映画『3月のライオン』

有村架純&伊藤英明、禁断“不倫”ショット 映画『3月のライオン』

人気漫画を神木隆之介主演で実写する映画『3月のライオン』より、有村架純と伊藤英明の“不倫”シーンを収めた写真が12日、ORICON NEWSに到着した。2人が寄り添いながら歩き、劇中では気性が激しい役柄を演じている有村が、かわいらしく伊藤を見つめている。

羽海野チカ氏の人気漫画を実写化した同作は、深い孤独を抱えてすがるように将棋を指し続けていた、17歳のプロ棋士・桐山零(神木)が、近隣の街に住む川本家の3姉妹と出会い、居場所を見出していくとともに、愛を知りながら、人生を背負った個性豊かなプロ棋士たちとの壮絶な闘いを繰り広げ、成長する姿が描かれる。前編は3月18日より公開中、4月22日より後編が公開される。

有村が演じるのは、両親と妹を交通事故で亡くした零が引き取られた幸田家の長女・香子。プロ棋士を目指していたが、父から「零に勝てないなら無理だ」と諦めさせられ、父と零に愛憎半ばの感情を抱くという役どころ。父の弟弟子であるプロ棋士の後藤正宗(伊藤)を好きになり、不倫関係を続けている。

現在放映中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』ではヒロインを務める有村は、同作ではこれまでの“正統派”“清純派”のイメージとは異なる初の悪女役に挑戦。普段はプライドが高く零を罵倒することもある香子だが、後藤の前では表情が緩み、公開された写真からも女性らしさがにじみ出ている。

既婚者である後藤は、入院中の妻を足繁く見舞いに行き大切にしている一方で、香子ともつかず離れずの関係を続けている。表面的な強さとは裏腹な弱さを持つ後藤、そして、彼を許容する香子。劇中での2人の関係がどう描かれるかも気になるところだ。

引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000336-oric-ent

写真
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000336-oric-ent.view-000

関連記事




ページ上部へ戻る