松田翔太、浜野謙太&柳沢慎吾と仲良すぎ 主演映画に感慨も 映画映画「ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-」完成披露上映会1

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の松田翔太さんが8月11日、東京都内で行われた主演映画「ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-」(熊切和嘉監督)の完成披露上映会に出席。原作を連載時から愛読し、映像化の際は主人公を演じてみたいと熱望していたという松田さんは「こういう作品を作れて本当に心からうれしく思う。この作品が初めて皆さんの目に映ったということで、僕らは光栄」と感慨深げに語っていた。

 映画は、2006~09年に週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載されたマンガ「ディアスポリス-異邦警察-」が原作。密入国をしている外国人だけの秘密の自治社会が存在する東京を舞台に、その自治社会で弱き者を助ける国籍不明の裏の警察官、久保塚早紀(松田さん)の活躍を描く。9月3日公開。

 舞台あいさつには、共演の浜野謙太さん、柳沢慎吾さん、須賀健太さん、康芳夫さん、NOZOMUさん、木原勝利さん、熊切監督も出席。

関連記事




ページ上部へ戻る