水谷豊、ミッチーのあいさつに爆笑  映画「相棒-劇場版3-」初日舞台あいさつ(2) #Partner #movie

★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/maidigitv

俳優の水谷豊さんと成宮寛貴さんが4月26日、東京都内で行われた映画「相棒-劇場版3- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」(和泉聖治監督)の初日舞台あいさつに登場。人気ドラマの劇場版第3弾で、同日初日を迎えたことに水谷さんは「テレビシリーズで始まって、それが映画になった。1本できたら次に2本目ができて喜んでいたら、カイト(甲斐享)君(成宮さん)が入ってきて、カイト君のときにできなかったらどうしようと思っていたら、ことのほか早く第3弾ができたので、幸せですね」と喜んだ。

相棒シリーズは、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決する刑事ドラマ。「相棒-劇場版3-」は、絶海の孤島を舞台に、右京(水谷さん)と享(成宮さん)が難事件に挑む。先代の相棒・神戸尊役の及川光博さんや、享の父で警察庁次長・甲斐峯秋役の石坂浩二さん、伊原剛志さん、釈由美子さん、宅麻伸さんらも出演。舞台あいさつには主要キャストが勢ぞろいした。

ゲスト出演の釈さんは、現場で「水谷さんは天気を操作することができるということに驚いた」といい、「(ロケ先の)沖縄でどう見ても雨模様だったのに、『晴れさせておいたから』って水谷さんがおっしゃって。本当にその撮影期間中は晴れて……」とエピソードを披露すると、水谷さんは「そこが一番びっくりしましたか」と苦笑。さらに石坂さんからも「この世界、天候にまつわるあだ名がついた人はいますが、その中で右京さんはトップ。晴れもできるし、雨もできる。両方できる人は彼しかいない」と太鼓判を押され、会場の笑いを誘った。

####
On April 26th, the actors Yutaka Mizutani and Hiroki Narimiya attended their greetings on the stage on the first shooting day of the movie “Partner: The Movie 3: Behind Closed Doors! Special Task Unit to the Isolated Island” (directed by Seiji Izumi) held in Tokyo. Mizutani, to whom that day is the first day appearing in the third movie adapted from the famous drama, was pleased to say that “I started with a role in the TV series and now I star in the movie version. I was very excited when the first movie and then the second movie were successively released. Next, Tooru Kai (Narimiya) appeared, and the third movie has come up as soon as I wondered what would happen if the character Kai appeared but the movie cannot be continued. So I think it’s wonderful.”

関連記事




ページ上部へ戻る