炎と氷 1(プレビュー)

九州・大分―――
地元暴走族の”国士無双”と大乱闘を繰り広げた高校生・世羅武雄(竹内力)と若瀬勝志(宇梶剛士)は、ヤクザに見込まれ闇金融で働き始める。力で相手をねじふせる世羅と、冷静に相手を追いつめる若瀬。
炎と氷のように対照的な二人は次第に頭角をあらわし、ついに独立、東京へと進出する。
それぞれ競馬専門、風俗専門の闇金融を経営し始めた二人の前に、大帝銀行融資課長・赤星(寺島進)が融資してほしいと泣きついてくる。
すでに他の闇金に200万の借金がある赤星は、キャバクラ嬢の樹理(夏生ゆうな)と高飛びを企てていたのだ・・・

関連記事




ページ上部へ戻る