綾野剛、泣き止まない赤ちゃんに“大人のコメント” 映画「ピース オブ ケイク」初日舞台あいさつ2 #Go Ayano #event

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の綾野剛さんが9月5日、東京都内で行われた映画「ピース オブ ケイク」(田口トモロヲ監督)の初日舞台あいさつに登場。この日のイベントでは来場していた赤ちゃんが泣き止まなくなるハプニングがあり、田口監督ら登壇者が必死であやそうとする中、10月期の連続ドラマで産婦人科医を演じている綾野さんは「赤ちゃんは泣くことで会話してますからね」と優しくコメントし、会場から拍手を受けていた。

 舞台あいさつには多部未華子さん、木村文乃さん、光宗薫さん、柄本佑さん、峯田和伸さんも登場。田口監督は、ステージから泣いている赤ちゃんに向かって「いないいないばあ!」と全力であやしたが、赤ちゃんの泣き声はヒートアップ。柄本さんは「余計泣いちゃいましたね」と笑いつつ、「田口さんってそんなキャラでしたっけ」と監督のお茶目な一面に驚いていた。

 「ピース オブ ケイク」は、2003~08年に女性向けマンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載されたジョージ朝倉さんの人気マンガが原作のラブストーリー。バイト仲間との浮気がばれ、DV体質の恋人にフラれると同時にバイトも辞めた志乃(多部さん)は、心機一転、引っ越すことになる。引っ越し先の隣人は新たな職場の店長・京志郎(綾野さん)。恋人と一緒に暮らす京志郎に強く引かれる志乃は、今度こそ幸せを手に入れることができるのか……というストーリー。

####
“Go Ayano gives “adult’s comment” to a crying baby. Stage-greetings event on first screening day of movie “”Piece of Cake”” 2

Actor Go Ayano appeared at the stage-greetings event on the first screening day of the movie “”Piece of Cake”” (directed by Tomorowo Taguchi).

At the event on that day, there was an incident that a baby, who came to the venue, cried continuously; and while guests like director Taguchi tried to soothed the baby, Ayano – who played an obstetrician in the October serial drama, commented gently: “It is because babies communicate by crying.””

関連記事




ページ上部へ戻る