綾野剛が“悪徳刑事”に 映画「日本で一番悪い奴ら」特報公開 #Go Ayano #movie

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_c…

 俳優の綾野剛さんの主演映画「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督、6月25日公開)の新キャストが発表され、歌舞伎俳優の中村獅童さんやピエール瀧さんらが出演することが1月29日、明らかになった。警察とヤクザがタッグを組んで犯した「日本警察史上最大の不祥事」と称される“ヤバすぎる事件”を描く作品で、獅童さんは綾野さん演じる北海道警の“黒い警部”こと諸星要一の“S(スパイ)”となる暴力団幹部役で、瀧さんは暴力団組織と密接な関係を持つ先輩刑事役を務める。綾野さん、中村さんらが出演する約30秒の特報映像も公開された。

 映画は、稲葉さん本人による手記「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)が原作。実際にあった警察の不祥事「稲葉事件」をテーマに、“黒い警部”と異名を残す北海道警の警部が逮捕されるまでの26年間を描く。強い正義感を持ちながら、うだつの上がらない日々を過ごしていた道警の刑事・諸星(綾野さん)は、ある日、先輩刑事・村井定夫(ピエールさん)から「裏社会に飛び込み、スパイを作れ」と助言され、言われるがままにスパイを率いつつ、規格外の“ヤバすぎる”捜査を行うが……というストーリー。

 諸星に極秘情報を提供し、違法薬物密売組織の泳がせ捜査を持ちかける暴力団幹部・黒岩勝典を演じる獅童さんは、白石監督が「とんでもない映画」と話す同作について「えっ公開できるの? うれしい。ヤバいでしょ!!」と興奮気味に語り、白石監督とは映画「凶悪」以来、2度目のタッグとなる瀧さんは「また白石組に参加できて光栄です。今回も悪事を爆笑しながら楽しくやれました。すごい映画です」とコメントしている。

 また、諸星の違法捜査に手を貸すS役として、映画「TOKYO TRIBE」(園子温監督)で注目されたヒップホップアーティストのYOUNG DAISさん、お笑いコンビ「デニス」の植野行雄さんも出演。中古車販売業者の盗難バイヤーでパキスタン人のアクラム・ラシード役を務める植野さんは実写映画初出演で「白石監督の『凶悪』の大ファンだったので、出演させていただけると聞いた時はテンションが上がり、自分の顔が怪しくて良かったと人生で初めて思いましたよ(笑い)」と語っている。

 このほか、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行さん、青木崇高さん、音尾琢真さん、矢吹春奈さんらが出演することも発表された。

####
“Go Ayano becomes “immoral policeman”. Premiere of teaser trailer of movie “The Worst Bad Guys in Japan”

It was revealed on January 29th that new casts of the movie “The Worst Bad Guys in Japan” (Kazuya Shiraishi, to be premiered on June 25th) in which actor Go Ayano plays the main character, would be Kabuki’s actor Nakamura Shido and Pierre Taki.

The movie depicts “”an over-serious incident”” which is considered as the biggest scandal in Japan’s police history with the criminal collusion between the police and Yakuza. Shido will play the master of the gangster gang that is S (spy) of Morohoshi Youichi (played by Ayano) – “a degenerated police inspector”” of Hokkaido police squad; and Taki plays a senior detective who has a close relationship with crime syndicates.”

関連記事




ページ上部へ戻る