綾野剛主演!映画『日本で一番悪い奴ら』特報

『凶悪』などの白石和彌監督と『新宿スワン』などの綾野剛がタッグを組んだ、日本の警察における不祥事をモチーフにした作品。2002年に覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕され“黒い警部”と呼ばれた北海道警察の警部の、逮捕までの26年間が描かれる。脚本は『任侠ヘルパー』などの池上純哉、音楽を『八日目の蝉』などの安川午朗が担当。白石監督の演出と、劇中で体重を10キロ増減させ衝撃的な実話に挑んだ綾野の壮絶な演技に引き込まれる。
(C) 2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
作品情報:http://www.cinematoday.jp/movie/T0020625
公式サイト:http://www.nichiwaru.com/
配給:東映・日活

関連記事




ページ上部へ戻る