自衛隊が悲願の空母を「急ぐ理由」と「浮かぶ疑問」

長年、密かに検討されていた
海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」を空母に改修し、垂直離着陸が可能なF35B戦闘機を搭載するという、防衛省の「空母保有計画」が報じられた。空母保有は、世界で最も早い段階で空母を使い始めた旧日本海軍の「末裔」を自認する海上自衛隊にとって、積年の夢でもある。
太平洋戦争の真珠湾攻撃が証明したように、空母は現代の海上戦闘で強力な打撃力となっている。そんな空母の保有は強い「軍隊の

【引用元】 https://gunosy.com/articles/Rrn3R

関連記事




ページ上部へ戻る