【閲覧注意】アメリカ 生放送中に起こった悲劇 リポーター、カメラマンが撃たれる※映像あり

犯人は、このテレビ局の元記者のベスター・フラナガン容疑者(41)で、今回逃走に使った車を1か月ほど前から借りるなど、事前に犯行を計画していた形跡があるということです。

また、フラナガン容疑者は、アメリカの主要なテレビ局に犯行に関するとみられるファックスを送っていたほか、みずから犯行の状況を撮影したとみられる映像がフェイスブックに掲載され、警察は犯行の動機の解明を進めています。

アメリカでは、多くの視聴者が見ている朝の番組の生放送中に記者やカメラマンが銃撃される事件が起きたことに衝撃が広がっていて、ホワイトハウスは改めて銃規制の必要性を強調しました。

関連記事




ページ上部へ戻る