【閲覧注意】スペインで「うどん」が使えずピンチ 元Jリーガー石塚啓次さんが告白

“ヴェルディ川崎などで活躍した元Jリーガーで、現在はスペイン・バルセロナでうどん店「YoI Yoi Gion 宵宵祇園」を経営している石塚啓次さんが3月9日、自身のFacebookで、「うどん屋やめます」とつづっている。その理由とは……。

石塚さんは2003年、サッカーの現役生活に別れを告げ、アパレル業界へと転身。その後、2012年に家族と共にスペインへ移住し、アパレルブランドを展開する傍ら、2014年6月に「YoI Yoi Gion 宵宵祇園」をオープンした。

今年2月放送のドキュメンタリー番組「人生が二度あれば!運命の選択」(日本テレビ系)では現地の様子を伝え、スペインでの成功を紹介。石塚さんの元気な姿や、海外での事業展開を知ったサッカーファンなどから、ネットでも大きな反響を呼んだ。しかし、ここに来て思わぬアクシデントに見舞われているという。

石塚さんによると、「弁護士からお手紙来て、うどんってのが商標取られてるので、10日以内に以下の要求に従って下さいとの事です」と3つの項目を列挙。「うどん屋とメディア等で一切言わない」「看板からうどんの文字を取る」「ネットでもうどんという言葉を使わないでください」と、いずれも厳しい条件だが、石塚さんは「勿論、お金と時間ないので従います」としている。

ただ、お店を辞めるわけではなく、あくまでも“うどん屋”という呼称を辞めざるを得なくなったという話のようで、「これからレストランで何出してるのってインタビューで聞かれても、なんて答えよう、、、ラーメンっぽい蕎麦っぽい白い麺のヤツって答えよかな、、、」と悩んでいる様子。

「意外に俺自身そんなこたえてないし悔しくもないんやけど、、、、」「調子いいし、ひがまれたんかな?」と胸中をつづっているが、最後は「クールジャパンかなんか知らんけど、大企業ばっかり相手してる場合ちゃうで! 日本の文化を世界にって言ってるんちゃうの? って事で政府? クールジャパンの人たすけてや! 助けへんかったら、クールちゃうで!」と、スペインで起きている“うどんの危機”を訴えている。

【コメント】
ロスコン・デ・レジェス、トルティージャ、パエリアなどのスペイン料理名を商標登録できれば他の店では使用できなくなるの?
今のうちに「すし」を商標登録すれば…!?
再度、現地でドキュメンタリー番組の続編をしてほしいと思います。

引用 http://news.livedoor.com/article/detail/11278785/
ch-mk0201”

関連記事




ページ上部へ戻る