【閲覧注意】知的障害者への虐待映像

【閲覧注意】事実であってほしくない 知的障害者への虐待映像です。
被害に遭われた方々、そのご家族に、心よりお見舞い申し上げます。
(福祉の理念を掲げ、真面目な事業所さんもたくさんあります。)
保育、介護、福祉事業に携わる身として自戒も込めて映像をシェアします。
なお、批判的な評価を避ける為あえて評価は受け付けておりません。

以下、独り言です。

障害者虐待防止法施行後、高度な監視カメラも設置されている施設さんも多くございます。
カメラの設置?内部告発された職員さんの勇気も素晴らしいと思います。

世の中正しくない事は必ず裁かれるのです。
必ずです。
全て見られているのです。

天知る、地知る、我知る。
何より自分が一番分かっているのです。
子どもの頃、母が『正しくない事を行いそうになったらお母さんやお父さんの事を思い出しなさい』と言っていました。

話がそれましたが、
今の日本は技術は進んでいますが心はどうでしょうか。
福祉を食い物にし、虐待とは。
信じて通わせている保護者さん、ご家族のお気持ちを考えると、やりきれません。悔しいです。
悪事を最新の技術で未然に防げないのでしょうか。
不可能と言われていたインターネットのIPアドレスから個人、法人が特定出来る時代です。
また、警察OBのセキュリティ会社さんでは、非通知設定の開示や路上駐車の駐車禁止・・・

また脱線しました、すみません。
とにかく、正しくない事はやってはいけないのです。
必ず裁かれるんです。

支離滅裂な文章にお付き合い頂きありがとうございます。

子どもたちの本当の幸せ、
社会の中にある障害という困難が少しでも理解され解消され、誰もが生まれてきて良かった。
その場所に住んで良かった。
そう思える世の中にしていきたいですね。

関連記事




ページ上部へ戻る