火星でビッグフッドの頭蓋骨を発見。閲覧注意。不可解な映像。ありえない映像。怪奇現象。オカルト。幽霊。心霊。A strange phenomenon. The occult. A ghost.

心霊怪奇ミステリー公式ホームページhttp://mystery.gger.jp
火星に未確認動物(UMA)ビッグフットが生息していた可能性が浮上。キュリオシティが撮影した火星の地表画像に、一面が岩石と砂で覆われた不毛の大地しか写っていないように見える。ところが、ゴロリと転がった岩石らしき物体のひとつを拡大し、コントラストを調節してみると、生物の頭蓋骨があらわになるのだ。これを知った人々の間では、「ヘルメットや彫像のように見える」と指摘する声も上がっている。しかし、第一発見者は、米国やカナダのロッキー山脈一帯に生息するUMA「ビッグフット」の頭蓋骨である可能性を主張している。もしも今回の発見が、本当にビッグフットの頭蓋骨であるならば、このUMAが地球外生命体であった可能性も生じてくる。The possibility that unconfirmed animal (UMA) Bigfoot inhabited Mars surfaces. Only the sterile earth where one side was covered in a rock and sand seems to appear in the martian surface image which curiosity photographed. However, the skull of the creature becomes bare when I extend one of the objects like the rock which rolled flop and regulate contrast. Among the people who knew this, the voice to point out, “I look like a helmet and a statue” breaks out. However, the first finder insists on the possibility that it is the skull of the UMA “Bigfoot” inhabiting the United States and the Rocky Mountains whole area of Canada. The possibility that this UMA was little green man occurs if this discovery is really the skull of the Bigfoot.引用元http://tocana.jp/2016/06/post_10007_entry.html

関連記事




ページ上部へ戻る