くるみ割り人形(プレビュー)

ある雪の夜。14歳の少女クララは、大切な“くるみ割り人形”をネズミの大群にさらわれてしまう。
ネズミを追って彼女が迷い込んだのは、世にも鮮やかな【人形の国】。
そこには【ふたつ頭の白ネズミの女王】に呪いをかけられ、眠ったままのお姫様がいた。
邪悪な魔法を解くための【人形とネズミの戦い】に巻き込まれたクララは、
“くるみ割り人形”に隠された悲しい秘密を知る。
その時、まだ感じたことのない気持ちが彼女に芽生える。
やがて“いのち”と引き換えにしても<守りたい>と思ったものとは―――?

関連記事




ページ上部へ戻る