ソフトバンクの新規公開株は買いか?

新規公開するソフトバンク株は、配当利回り株としては良いと思いますが、成長株として株価の大きな上昇は期待できないのではないかと考えます。

日本国内の携帯電話市場は、飽和状態で今後成長が見込める市場ではないでしょう。加えて、菅官房長官が、携帯料金の引き下げを業界に要請したことにより、今後、収益減になる可能性が高いと思われます。
幹事証券会社も、ソフトバンク株の販売にかなり苦戦しているようで、10年以上取引のない顧客に夜に電話外交を行ったりしているようです。新規公開株の宣伝にテレビCMを行うこと自体も異常な状況なのではないでしょうか。

関連記事




ページ上部へ戻る