ディズニー実写映画「くるみ割り人形と秘密の王国」11月公開、幻想的なポスター解禁 – 映画ナタリー

ウォルト・ディズニー・スタジオ製作の実写映画「The Nutcracker and the Four Realms」が、「くるみ割り人形と秘密の王国」の邦題で11月30日より全国公開される。 約200年前にドイツで生まれた童話から、チャイコフスキー作曲のクラシックバレエ作品へと展開され、時代を超えて愛され続けてきた「くるみ割り人形」をディズニーが実写化。「ギルバート・グレイプ」「僕のワンダフル・ライフ」で知られるラッセ・ハルストレムがメガホンを取り、「インターステラー」で主人公の娘を演じたマッケンジー・フォイが少女クララ役に起用された。ヒロインの脇を固めるのはキーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマンら。バレエダンサーのミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンも出演している。 衣装を担当したのは「眺めのいい部屋」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で2度のアカデミー賞衣裳デザイン賞に輝いたジェニー・ビーヴァン。チャイコフスキーの楽曲の数々を含むきらびやかな音楽が作品を彩る。 このたび第1弾ポスタービジュアルも解禁に。クララの背後に豪華なロシア風の城が描かれ、橋の上にはおもちゃの兵隊が立ち並ぶ幻想的な仕上がりとなった。

関連記事




ページ上部へ戻る