土屋太鳳、青春映画から卒業宣言?「集大成で卒業作品なのかな」 主演映画「春待つ僕ら」公開で小関裕太らとあいさつ

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の土屋太鳳さんが12月15日、東京都内で行われた主演映画「春待つ僕ら」(平川雄一朗監督)の公開“Anniversary”舞台あいさつに、共演の北村匠海さん、小関裕太さんらと登場した。

 映画は14日に初日を迎えた。土屋さんは「私は、朝ドラ(2015年放送のNHK連続テレビ小説『まれ』)の前と後では役柄のタイプが違って、15年頃からキラキラした青春映画(への出演)が多かった。3年間で卒業する高校生と同じで私も女優として3年間、制服を着続けてきた。この作品が集大成で卒業作品なのかなと思う」と感慨深げに話した。

 映画は、14年からマンガ誌「月刊デザート」(講談社)で連載中のあなしんさんの人気マンガが原作。“脱ぼっち”を目指して高校に入学したものの、クラスになじめない主人公・春野美月(土屋さん)と、美月を振り回しながら共に成長していくバスケットボール部員たちの青春ラブストーリー。

 舞台あいさつには、共演の磯村勇斗さん、杉野遥亮さん、稲葉友さん、平川監督も出席した。

関連記事




ページ上部へ戻る