本田圭佑 日本の歴史を変える男 新たなる挑戦へ Keisuke Honda Legend Skills

本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 – )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。Aリーグ・メルボルン・ビクトリーFC所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。元日本代表。日本人アスリート初のMIT特別研究員。

大阪府摂津市出身。両親は本田が小学2年生の春に離婚、自身は父のほうについた。
ガンバ大阪ジュニアユースに所属し家長昭博、安田理大、東口順昭らとともにプレーしたが、当時からスタミナやスピードには難があり、ユースチームへの昇格内定が出なかったため、石川県の星稜高校へ進学した。
3年時には第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、石川県勢として初のベスト4に貢献。同級生には豊田陽平や橋本晃司がいた。
高校進学と同時に、名古屋グランパスとプロ契約。その契約には本人希望で「オファーがあれば海外移籍を認める」という条項が盛り込まれていた。

2008年1月、エールディヴィジ(オランダ1部)VVVフェンロに移籍。1年目からレギュラーになったがチームは降格。
2008-09シーズンは途中からキャプテンになり、36試合16ゴール13アシストを記録。2部リーグ優勝と1部復帰に貢献し、年間最優秀選手賞(MVP)を受賞した。
2010年1月、冬の移籍市場で移籍金900万ユーロ(約12億円)、4年契約でロシアのCSKAモスクワへ完全移籍。
2010年2月24日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦でCL初出場。セカンドレグではゴール前約30mの位置から決勝点となる直接フリーキックを決めた。2戦合計3-2でCSKAが勝利し、日本人初、クラブ史上初、ロシアリーグ史上初となるCLベスト8進出を果たした。
2013-14シーズンまで在籍し、計4つの国内タイトル獲得に貢献。

2013年12月11日、イタリアのACミランに完全移籍。CSKAと契約満了していたので移籍金はなし。背番号10は自ら希望した。
4月7日、セリエA出場12試合目となるアウェーのジェノアCFC戦でリーグ戦初得点。モロッコ代表アデル・ターラブトのアシストだった。その後も監督交代、世代交代、クラブ売却などのチーム事情に揺さぶられながら、出場機会を得れば確実に結果を残し続けた。計91試合11ゴールを記録。
2017年7月14日、メキシコ1部CFパチューカに移籍。1年契約で背番号は02。高地特有の低酸素や激しいタックルに苦戦するが、徐々に慣れるとゴールを量産。ドリブルも強化し、シーズン終盤には相手を何人も抜き去るゴラッソを決めた。リーグ戦29試合10ゴール7アシストを記録。

2018年8月6日、A(オーストラリア)リーグ1部メルボルン・ビクトリーFCへの移籍が発表された。年俸制限のないマーキープレーヤーとしての契約。事前報道では年俸290万ドル(約3億2300万円)で、そのうちクラブが130万ドルを負担。残りの160万ドルはオーストラリアサッカー連盟(FFA)と『フォックス・スポーツ』が負担することになるという。
これは2012年シドニーFCに移籍したアレッサンドロ・デル・ピエロの年俸160万ユーロ(当時約1億6000万円)を超える超破格である。

日本代表としては98試合37得点を記録。
2008年6月に開催されたアジア3次予選の対バーレーン戦でA代表デビュー。8月の北京オリンピックにも召集され、1次リーグ全3試合に出場。谷口博之や梶山陽平らとプレーしたが、3連敗で敗退した。
2010年6月、南アフリカ大会は4試合フル出場。初戦カメルーン戦、これまで経験のなかったワントップ起用され決勝点をあげる。第3戦のデンマーク戦では直接フリーキックで先制点、岡崎慎司へのアシストも記録「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された。
2011年1月、アジアカップ・カタール大会では2大会ぶりのアジア制覇に貢献し、大会最優秀選手(MVP)に選出。
2013年6月、コンフェデレーションズカップは3戦全敗で敗退するも、グループリーグベストイレブンに日本人で唯一選出。
2014 ブラジル大会は全3試合トップ下でフル出場。初戦のコートジボワール戦では先制点をあげ「4年の時をこえ、日本の先制点はまたしても本田圭佑!」という実況は日本中のサッカーファンの心に刻まれている。
2015年11月17日、アジア2次予選カンボジア戦でゴールを決め、日本サッカー史上初の予選5試合連続ゴールを達成した。
2018年6月、ロシア大会は3試合に出場。初戦のコロンビア戦では後半途中から出場し、コーナーキックで大迫勇也の決勝ヘッドをアシスト。サランスクの奇跡と呼ばれる番狂わせを起こし、アジア人初となる3大会連続アシスト。
第2戦セネガル戦でも途中出場からゴール、日本人初となる3大会連続ゴールを達成し、また3大会連続で得点・アシスト両方を記録した史上6人目の選手となった。さらに32歳11日でのゴールは、1998年大会に中山雅史が30歳277日で決めた得点を越える日本最年長ゴールにもなり、様々な歴史を塗りかえる一撃だった。

Music Octopath Traveler / Lost Sky – Dreams.

参考映像 videos
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31410850
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31568138ほか

関連記事




ページ上部へ戻る