水樹奈々、劇場版「ドラゴンボール超」“参戦”に「鳥肌が止まりません」 「ドラゴンボール超 ブロリー」公開記念舞台あいさつ

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督)の公開記念舞台あいさつが12月15日、東京都内で行われ、声優で歌手の水樹奈々さんが登場。同作でフリーザ軍の一員・チライの声優を務めた水樹さんは、「大好きな作品、子供のころから見ていた作品に携わらせていただけたこと、そしてすばらしい先輩方とここに立てている喜びを、ひしひしと感じております」と心境を明かし、「鳥肌が止まりません」と感激した様子で語った。

 水樹さんはこの日、緑色のトップスにスカートというファッションで登場。「(今作では)親子の絆、友情が熱く描かれていまして……」と切り出し、「私もブロリーとの友情の証しに、今日は緑色の服で来ました」と笑い、会場から拍手を浴びていた。

 舞台あいさつには孫悟空の声優を務める野沢雅子さん、ブロリー役の島田敏さん、ベジータ役の堀川りょうさん、フリーザ役の中尾隆聖さん、レモ役の杉田智和さん、長峯監督も出席した。

 今回の劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。伝説の超サイヤ人のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにサイヤ人の歴史も描かれる。

関連記事




ページ上部へ戻る