貴乃花の長男・花田優一さんは靴職人 自分の作品は「孫まで履いてみせる」

貴乃花の長男・花田優一さんは靴職人 自分の作品は「孫まで履いてみせる」

≪内容≫
優一さんは1995年、父が横綱・貴乃花になった年に生まれた。15歳でアメリカに語学留学。18歳で靴職人への道を志し、イタリアのフィレンツェに修行に出た。

優一さんは12日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で靴職人を選んだ理由について、「恋人に惚れるような感覚。聞かれても答えられないから好き、みたいな…」などと説明した。

そして、3年間の修行を終え、2015年に帰国。以来、店舗を持たず工房を借りて、オーダー制で依頼を受けている。採寸、デザイン、皮の仕入れ、縫製まで、優一さんが一人でこなす。開業にあたり、親からの援助は受けていないと優一さんは話した

≪関連動画≫
アナザースカイ 170331 貴乃花親方長男・若き靴職人の花田優一が修業の地フィレンツェへ
https://www.youtube.com/watch?v=X5JbSAR4Nsk

平成13年夏場所千秋楽 貴乃花 痛みに耐えてよく頑張った!

貴乃花部屋 Takanohana Beya
https://www.youtube.com/watch?v=TP3Kqzd8Hlk

≪引用記事≫
http://www.huffingtonpost.jp/

≪引用BGM≫
http://dova-s.jp/

動画に関して著作権など問題がございましたら
camara.kaname@gmail.comまでご連絡ください
直ちに対象させて頂きます

関連記事




ページ上部へ戻る