鹿島アントラーズ 2008年 第33節ジュビロ戦(劇的な勝利)

Jリーグ2008の33節「鹿島アントラーズVSジュビロ磐田」の劇的なロスタイムでのゴールシーンです。
優勝につながる大きな流れとなったこともあり、オリベイラ監督も涙を流しています。
10年前となる1998年のチャンピョンシップで対決した宿命のライバルの両チームでもありました。
(川崎フロンターレとヴィッセル神戸の試合も一部出ています)

関連記事




ページ上部へ戻る