57歳で死去…“扇風機おばさん”ハン・へギョンさん、整形副作用前の美貌が改めて話題に (12/18)

57歳で死去…“扇風機おばさん”ハン・へギョンさん、整形副作用前の美貌が改めて話題に

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/1218/10226123.html

“扇風機おばさん”と呼ばれたハン・へギョンさんが死去した。ハンさんは去る15日、57歳でこの世を去ったことが伝えられた。

 ハンさんの死去のニュースが報じられると、彼女の昔の写真に関心が寄せられた。ハンさんは以前、テレビ番組で整形の副作用に悩まされる前の美貌を誇っていた。当時、あまりの美しさに番組出演者や視聴者を驚かせた。

 ハンさんは若かりし頃、歌手を夢見ていた。より美しくなりたいという一心で違法施術を受け、顔にシリコンを注入。これを機に顔にメスを入れる回数が増え、あごに直接大豆油やパラフィン、工業用シリコンなどを注入することもあった。

 ハンさんは結局、副作用により顔が普通の3倍にも膨れ上がり、精神疾患も患った。そしてハンさんはリハビリと日常の回復に力を注いできた。だが、番組初出演から14年、帰らぬ人となった。なお、死因は明かされていない。

関連記事




ページ上部へ戻る